31 5月

譲れぬ安全対策

【必須対策】

基本の安全対策

 

○安全教育

現場での安全対策意識の維持向上を図るために「KYトレーニング(危険予知トレーニング)」を定期的に行い、現場管理者、職人と意見を交えながら安全対策に取り組んでいます。

○ヘルメット

自分の頭を守ります。あごひもをしっかり締めて作業します

○安全帯

墜落・転落から命を守ります

○腰ベルト

腰痛予防対策・腰をベルトでサポートします

○ひざあて

腰痛予防対策・低部作業時に床の突起物などから膝を守ります
北欧の介護従事者は必ずつけてます

○防塵マスク

現場での埃から体を守ります
KMユナイテッドではD2レベル規格のマスクを使用します

【オプション】

作業の必要に応じて装着

 

○保護メガネ

尖ったもの、粉塵などから大切な眼を守る

○フルハーネス安全帯

万が一の落下時に体への衝撃を低減する

○道具落下防止

高所での作業時道具の落下を防止します

○熱中症予防ジャケット

猛暑による熱中症予防対策

事故を起こさない・安全にもプロフェッショナル

 

外国人財へのサポート < > トレーニングプログラム
06 5月

サブインストラクター

 

 入社以来、一貫して「下地研磨」「養生」「パテ処理」という限定した作業に集中した結果、
従来の経験軸だけで評価されてきた職人の技量を、十分凌駕するレベル”めっちゃプロフェショナル”になった者、
そして、他者と比較するのではなく自分と向き合い鍛錬のできる能力を有した者を、
「塗る」という分野も許可する「サブインストラクター」に任命する。

 「サブインストラクター」の指導的役割については、他者を体系的に教えれるレベルにはいまだないので、
その義務はなく、自分に技能にさらに専念してほしい。
日常的または現場作業におけるマナーや安全ルールなどについては、経験を活かして注意するなどして
”インストラクター”のサポートを期待している。

 次ステージである「インストラクター」への昇格に際しては、「サブインストラクター」としての経験年数や昇格順番は
まったく判断基準とせず、あくまでも「塗る」という作業も含めた全体レベルが、
”めっちゃプロフェショナル”にそしてクラフトマンを指導できるレベルに達した者を順次選抜していく。

中核として更なる成長を期待する「サブインストラクター」に"教え方を教える”ことでトレーニングできる人財に育て、生産性向上を図る『トレイナーズ・トレーニング』。
最高峰の匠(レジェンド)の技能データーを『トレイナーズ・トレーニング』に活用。

☞トレイナーズ・トレーニング

サブインストラクターへの昇格基準

社長をはじめ、レジェンドインストラクター、執行役員 現場職人代表、現場職人副代表、上長が集まり、厳正なる判断基準のうえにて決定

2015年 サブインストラクター認定者

2018.4サブ

2018年迄にインストラクター昇格を目指します。

2016年 サブインストラクター認定者

SI枠2016年2

2019年迄にインストラクター昇格を目指します。

2017年 サブインストラクター認定者

SI枠2017年

2020年迄にインストラクター昇格を目指します。

2018年 サブインストラクター認定者

2021年迄にインストラクター昇格を目指します。

2019年 サブインストラクター認定者

 

2022年迄にインストラクター昇格を目指します。

 

■サブインストラクター施工

インストラクター < > マルチクラフター
06 5月

NHK

NHK総合(関西地方)のルソンの壺2月号~「人と向き合って“人材充足” ~人材不足をチャンスに~」にて、KMユナイテッドの取り組みが紹介されました。

“女性活躍”どう進める? 企業の挑戦

NHK BS1にて2016年4月30日の経済フロントラインにて
『女性の活躍』というテーマで本社が京都にある(採用本部は大坂府の都島区)KMユナイテッドが紹介されました。

 

改善事例全国発表会 特別発表賞 < > 日本テレビ